FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山梨の柿(甲州百目柿)

朝晩の気温が下がり始める10月中旬頃から山梨では「甲州百目柿」を利用した「ころ柿(枯露柿)」が作られます。枯露柿の歴史は戦国時代の武田信玄が奨励したとのことです。江戸時代には幕府の献上品や江戸市中にも出回り珍重されたといわれています。この甲州百目柿は古くから甲州盆地で栽培され、釣鐘形をした大型の不完全渋柿で、平均400gほどあり大きいものは500g以上のものもあります。甲州市の民家の軒先に多数の干し柿が吊るされ、この季節ならではの風物詩となっています。皮をむいて干し柿にすると砂糖の1.5倍の甘さになり、40年ほど前には各家庭で作られおやつ代わりに食べていました。最近はほとんど贈答用に利用されているようです。栄養価も高いので召し上がって見てください。
スポンサーサイト
[ 2014/11/03 07:32 ] 日常・風景 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。